• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の財産分与について、お聞きしたいことがあります。
事業の失敗により、現在私には多額の借金があります。
借金ができる前から離婚の話し合いは進めていたのですが、ようやく妻と離婚することが決まりました。
離婚する前に、実家の父親が亡くなったために遺産相続がありました。
他に兄弟がいなかったので、私一人が親の土地と家屋を相続したのですが、
離婚するにあたり、遺産相続した土地・家に相当する金額の財産分与を妻が要求してきました。
できれば少しでも借金返済にあてたいので、妻への財産分与は難しい状況なのですが…
それでも妻から財産分与の要求をされた場合は、どんな状況でも応じなくてはいけないものでしょうか?

2014年11月21日投稿者:JIN(40代男性)
  • 6人に評価されました
  • 専門家回答 1件/返信 1

専門家からの回答

岡川 敦也行政書士/司法書士
岡川 敦也行政書士/司法書士

財産分与は、婚姻中に夫婦で協力して得た財産を離婚時に分ける制度です。
夫婦の一方が親から相続した財産などは、「特有財産」といって、その人個人の財産であるため、財産分与の対象とはなりません。
(お父様の財産は、「相談者さん個人」が1人で相続したものであって、「相談者さんの夫婦」が相続したものではないのです)

具体的な財産分与の内容は、離婚の原因や財産状況などによっても変わってきますが、基本的には、相続した家と土地については除外して考えてよいでしょう。

2014年11月21日10時48分
user_icon JIN
(40代男性)

ご回答いただき、有難うございました。
父の遺産相続分は、財産分与の対象とならないとの事で安心致しました。
借金返済にあてられそうで良かったです。
また、相談させていただく際は宜しくお願い致します。

2014年12月01日18時38分

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play