• このエントリーをはてなブックマークに追加

婚姻関係について

離婚をするには何らかの理由が原因や理由が必要になります。夫婦の内どちらかが不貞行為を働いた場合にはそれを原因として法的に離婚することが可能ですが、そのような事情が何もなくて、ただ単に冷めたから離婚したい、といった場合には両者の間で離婚の合意を得ることが難しく、また法的にも原因が無いため離婚するのは難しいとされています。法の力を使って離婚をしたいのならば婚姻関係が実質的に破綻しているかどうかが重要視されていますが、では破綻しているかどうかは何を持って判断されるのでしょうか。

婚姻関係が破綻しているかどうかは、同居しているかどうかでも判断されます。これはそもそも婚姻関係にある場合には、法律上、同居しなければならないという義務があるからです。愛を育むために同居するのであれば、そこから類推できることは、別居をしていれば愛が無くなりつつあるのだということを意味していると判断されるのです。別居にも仕事上の都合で単身赴任しなければならないというような、いくつかの種類がありますが、この場合には両者は頻繁に連絡を取っているはずであるために、愛が損なわれていないものだと判断されやすいです。

婚姻関係が破綻している状態とは、すなわち両者の意見や考え方などがすれ違ってしまい、実質的に結婚生活に愛が無い状態のことを指します。それを実質的に表現したいのであれば、別居してあまり連絡を取らないことが法律的には有効であるのです。この他にも様々な法律と結婚生活を照らし合わせた上で、実質的に破綻しているかどうかは判断されますが、その中でも最も効率的に効果を上げられるのが別居という方法なのです。

冷めたという理由だけで離婚を考えているのならば、離婚をするために法的な判断材料となるような生活を送らなければなりません。上手にことを運ぶことができると、両者共に失うものは少なく済みますので、専門家に相談した上で、被害を最小限に抑える方法を一緒に考えていくことをお勧めします。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play