• このエントリーをはてなブックマークに追加

調停調書について

離婚にはいくつかの方法がありますが、その9割は協議離婚で済まされます。協議離婚の場合には費用がかからずに穏便に済ませることができるという利点があるため、まずは協議離婚を考えるのです。調停離婚は協議離婚とは違い、家庭裁判所にて話が進められ、調停官が両者の意見を精査した上で離婚に至ります。調停離婚のメリットとしては、あまり費用をかけずに法律の力を借りられるという点が挙げられます。調停の際に取り決められたことについては調停調書という公的な文書に書かれますので、もしもその約束が履行されないようであれば、手続きを踏めば裁判所から注意をしてくれたり、履行を促すように連絡をしてくれたりするため、将来的な安全性が高まるとも言えるでしょう。

調停調書には、裁判の判決と同様の効力があります。法的強制力がある分、協議離婚の時に使われる公正証書よりも力を持っていると言えるでしょう。例えば、調書で取り決められたはずの養育費の支払いが済まされていなかった場合には、裁判所に履行勧告や履行命令を出してもらうことも可能です。裁判所からの通達があったとなれば相手にプレッシャーをかけることにもなり、今後も継続して養育費の支払いをさせるための牽制にもなります。履行勧告には費用がかかりませんし、履行命令も数百円程度しか費用がかからないため、調停離婚をした際には活用してみるのも良いでしょう。

デメリットとしては、調書の書き方がずさんになる恐れがある点が挙げられます。調書の作成に携わる裁判官次第で、本人にとっては重要だと思っている取り決めも、調書に記されないというケースがあるようです。そんなデメリットを解消するためにも、調停を結ぶための話し合いの場を上手に活用して、裁判官に対し「この取り決めは必ず書いてください」と念押しすることをお勧めします。裁判所がすることだから安心だと決め込んで何も主張しないまま調書を書かせてしまうと、思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性もありますので注意してください。

協議離婚にはない調停離婚の良さは、調停調書の作成に集約されています。せっかく調停による離婚をするのならば、利用できる制度は最大限に利用して、今後の生活を守っていきましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play