• このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦関係調整調停について

夫婦関係調整調停(円満)はあまり耳慣れない言葉ですが、別居をしている夫婦や離婚を迷っている夫婦関係を改善したり、離婚の話し合いを一歩進めたりするために利用できるため、夫婦関係に問題を抱える人は検討すべきではないでしょうか。実際にはあまり効果がなかったり、不成立になったりすることも多い調停ではありますが、相手方にこちらの真剣みを伝えることもでき、相手方の考え方やどういった出方をするかの判断材料にもなり裁判に進むための準備の方向性も明らかになります。

夫婦関係調整調停(円満)は円満調停といい、基本的には夫婦関係を修復して円満な解決を望む人が申し立てるものですが、離婚調停を有利に運ぶためや、別居中の婚姻費用の請求と絡めて話し合いをすることもあります。修復を望む場合は弁護士は同席せずにアドバイザーとして手続きや調停の進め方を相談するほうが良いでしょう。夫婦だけで出席する方が、相手方に威圧感を与えることや悪い感情を抱かせるといったことがなく話を進められるようです。弁護士を依頼するなら、夫婦関係調整調停では代理人として前面に出さず弁護士には法的なアドバイスを受ける程度に留める方が良さそうです。その後の展開によっては弁護士が必要となる可能性もあるため、依頼すること自体は悪くない考えです。

調停は夫婦どちらとも個別に話を聞くところから始まります。そのため、調停の日にどちらかが出席することを拒むようであれば、不調となります。この夫婦関係調整調停を成功利に終わらせるためには、どちらも修復の意思を持っていることが不可欠です。あくまで話し合い、結論を出し納得するのは当事者だけですし、お互いの考えが同じ方向を向いていなければ、話し合いは進まないのです。

夫婦関係調整調停には悲観的な見方が多いようですが、調停委員を冷静なアドバイザーとして間に挟むことで解決に近づくことができるかもしれません。全くの他人の前で夫婦間の話をするのは恥ずかしいかもしれませんが、反対に他人だからこそあと腐れなく本音が出せる可能性もあるのです。相手の本音を聞き、修復のチャンスを模索しましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play