• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚届受理証明書について

離婚届受理証明書とは、離婚届が受理されて戸籍が変更されたことを証明している公文書です。公文書なので証明性も非常に高く、保険や扶養の関係などの変更時に使われることが多いです。離婚をした際には会社に戸籍が変更されたことを報告して保険関係の手続きを変更しなければならないため、この証明書が必要になってきます。あまり聞かれない証明書ですので、この書類の提出を求められた場合に困ってしまう方も多いかと思いますが、市役所にて受け取ることが可能ですので、必要になった際には各役場に行くことが必要になります。この証明書は他にどのような場合に必要になってくるのかについて簡単に説明します。

離婚届受理証明書は保険や扶養以外にも様々な場面で必要になってきます。特に政府サービスを利用する際に必要になることが多く、母子家庭への何らかの給付金を受け取るために必要だったり、相続登記の際に法務局に提出する必要があったりなど、証明書の使い道は様々です。他の公正証書の作成に必要な場合もありますので、その都度この証明書が必要になるかどうか確認しなければなりません。給付金の関係では必ずと言っても良いほど必要になりますので注意してください。

また、この証明書を発行してもらう際には、ある程度日数がかかってしまうことも考慮しなければなりません。具体的には離婚してから2週間程度の時間が必要になる場合もありますので、すぐに必要になる際には相手に少し待ってもらわなければならないこともあります。それでもすぐに必要となった時には、他の戸籍謄本や戸籍抄本などで代用できないかを確認してもらうのが良いかもしれません。

離婚届受理証明書は離婚した市区町村の役場で簡単に受け取ることが可能です。発行には数百円程度の費用がかかり、発行にある程度の時間を要する場合もある点には注意しなければなりません。もしも離婚したばかりで発行してもらえない場合には他の証書で代用ができないかどうか、確認してもらうか、もしくは少し待ってもらわなければなりません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play