• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚計画について

長きに渡り生活を共有する上で、良好な関係性を継続することは、容易ではありません。男女トラブルや性格・価値観の不一致等が影響し、離婚に至ってしまうケースも数多く見られます。しっかりと事前の離婚計画を行い、新しい生活への基盤を整えておくことが重要となります。また近年は「熟年離婚」と呼ばれる、ある程度年齢を重ねてからすれ違いが発生する場合も多く存在します。その際は高年齢であることから、別れてからの再出発がより難しくなるため、さらにそう言った準備の必要性が高まります。一体、どう言った点を押さえておけば良いのでしょうか。

基本的な形としては、夫婦間の話し合いによって成立する、協議離婚が用いられます。しかし、それでも双方が納得できない場合には、調停離婚・裁判離婚と言った、法的機関を介した手続きが進められます。この際、夫婦関係の破綻に関する非がある側は、慰謝料を請求されます。そのため、損のない理想的な離婚計画に繋げるべく、裁判を有利に運ぶことのできる情報等を、しっかり整えておきましょう。

例えば、浮気不倫に関する証拠です。パートナーの不貞行為をより定かにできる要素は、慰謝料額のアップに繋げることができます。次に、財産の把握です。離婚時、「財産分与」として、お互いの財産を二分の一ずつ分け合うと言う決まりがあるためです。正確な額を把握して、高額請求に役立てましょう。また、離婚原因が明確でない場合においては、離婚計画の一環として、別居を取り入れることも効果的です。長期間を擁すれば、より離婚が認められやすくなるからです。またその期間中の費用は、「婚姻費用」として請求できます。

その他、離婚後の生活をスムーズにはじめるための、就職先や転居先に関する下調べや、円滑な別れに役立てられる、弁護士への法律相談を活用することなども、有効な離婚計画に挙げられます。法律なども関わってくるため、専門の第三者機関の利用が、より安心感の持てる準備に重宝します。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play