• このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭内別居について

家庭内別居は、夫婦がひとつ屋根の下で暮らしていながらも、交流を避けたり別々に生活を送ったりすることです。近年、この形の別居を選択する人が増えているといいますが、離婚や住む場所を物理的に変えることを選ばすに過ごすのにはそれぞれ理由があるようです。

家庭内別居をする原因というのはさまざまですが、何かきっかけがあってと言うよりはだんだん夫婦間が冷えていきいつの間にか口を利かなくなっていたというパターンか、問題が起こったが種々の弊害があるため別居または離婚が出来ないためルールを設け家庭内で離れて暮らすようになったというパターンが主流となっているようです。特に離婚しない理由はないけれど、離婚の手続きや話し合いさえも面倒、そのパワーがないことが多く、長い期間この状態が続くこともあります。ですが、一定の距離を保つためにお互い気を使い、ルールを守って生活するうちに夫婦関係が改善するカップルもあると言います。夫婦とは外野からは理解できない不思議な関係です。

家庭内別居をする原因には、別れたいけど事情がある場合と、どちらかが別れたくない場合があります。別れられない事情には、子どもが幼く両親が揃っていた方が良いと判断した、経済的に独立できない、社会的に離婚を知られたくないなどがあります。仮面夫婦となり、子どもや周囲には気取られないように行動しますが、実際のプライベート面ではそれぞれが勝手に過ごします。家庭内別居は婚姻関係の破たんを示し離婚の原因となりますが、実証が難しい面も持ちます。どちらかが別れたくない場合にも、物理的に離れずに一緒に暮らす家庭内別居は関係修復の望みの綱です。できるだけその手を離さないようにして、修復のチャンスを待ちましょう。

家庭内別居は物理的に離れる別居よりも夫婦関係修復の確率が高く、チャンスも満ちています。ルールと適度な距離感で生活するうちに良い関係が築ける場合もあります。もう修復の見込みはないと考えている夫婦もお互いを見直すチャンスとして上手に活かす努力をしてみても良いかも知れません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play