• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚について

離婚とは、夫婦間における関係性の継続が難しくなった際に、婚姻の契約を解消することです。家庭によってさまざまなケースが考えられるため、一概に決まった形は存在しません。進める際、防止する場合とも、状況に合わせた対策や準備が必要となります。また、基本的には将来に向かって前向きな決断として行うものであるため、必ずしもマイナスが伴うわけでもありません。そのため、別れたとしても結果的にそれまで以上の幸せを掴むことにも、充分期待が持てます。結婚する人誰しもに起こり得ることなので、要点を押さえて、理想的な人生に役立てて下さい。

種類ですが、主に4つの形式へと分けられます。まず、もっとも円滑な流れとしては、協議離婚が挙げられます。その名の通り、夫婦間の協議によって別れを決定する方法です。双方が納得した上で、それぞれが快適な離婚後の生活に繋げることができるため、理想的な形と言えます。この際、慰謝料財産分与親権、その他細かい条件などを決めます。日本では約90%がこの方法を利用しており、ポピュラーな存在となっています。

その他、調停・審判・裁判離婚と言った、裁判上で決定する形もあります。こちらは、双方どちらかが離婚を受け入れなかったり、また条件の面で意見が合わなかったりする場合などに用いられる方法です。しかし、これらを利用すれば必ずしも別れられると言った訳ではありません。法律で決められた、不貞行為悪意の遺棄・配偶者の生死が3年以上明らかでないとき・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるときの、5つからなる離婚条件のいずれかに当てはまっていることが前提となります。

婚姻関係は通常の恋愛と異なり、法律上の契約であるため、解消する際にはさまざまな専門知識を擁する形となります。もし自信がなければ、弁護士やカウンセラーなど、第三者機関に依頼するとより安心感が持てます。相手に非があったとしても、ケースによっては、裁判を求めた側が逆に慰謝料等を請求されることも考えられます。充実した次の生活に繋げるためにも、妥協のない、強い意思で臨むことが大切です。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play