• このエントリーをはてなブックマークに追加

不貞行為について

不貞行為は夫婦関係を壊す重大な原因であるとともに、もっとも多いケースでもあります。夫または妻の浮気は精神的にもダメージが大きく許せない行為ですし、慰謝料請求の金額にも関わることですので、泣き寝入りせずに適切に対処しましょう。多い事例の為、離婚を専門に扱う弁護士や証拠を集める探偵など専門家もたくさんいますので、解決の糸口も探しやすいでしょう。

不貞行為とは配偶者を持つ人が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを指します。そもそも夫婦というのは、一緒に暮らして助け合い、お互いに貞操を守らなくてはいけません。婚姻関係の破たん後であれば(そしてそれが証明できれば)裁判で責任を問われることはありません。また、それが原因で離婚となったとして慰謝料の請求や離婚を申し入れるのであれば、不貞があったという証拠も必要となります。近年では同性愛の浮気と言うケースもあるようですが、過去の例も少なく弁護士、裁判官もそれぞれ捉え方が違うようです。一貫して言えることは証拠とその関係によって婚姻関係が壊れたことの証明が必要ということです。

不貞行為の証明、証拠となるものは、決定的なもので写真やビデオなどの映像です。ホテルの出入りや不倫の現場等多く集めることが必要になります。写真を撮影しても、数枚では言い逃れされてしまうケースもあるためです。それに付随してメールのやり取りや手紙などのコピーがあると更に強化できます。裁判所ではそれらを総合的に考えて浮気の有無、慰謝料の金額を決定します。協議で決着が付けば証拠は必要ありませんが、後で言い逃れができないように録音や念書を取るといった対策を講じておくと万全です。

不貞行為は結婚生活に重大な傷跡を残します。離婚するにしても夫婦関係を修復するにしても、された側はその行為があったことの証拠や念書を確保してこれ以上の苦しみを受けないように自衛手段を持っておくことも考えておきましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play