• このエントリーをはてなブックマークに追加

和解離婚について

協議離婚に調停離婚、審判離婚裁判離婚など、離婚には様々な種類があり、多分に法律にも関係があるため堅苦しい表現が多く、また煩雑な手続きも多いため敬遠されがちです。そのため、一番簡単に離婚に関する二者の取り決めを記録として残せる協議離婚を選ぶ人が多いです。両者が一歩も引かない場合には裁判を利用した離婚方法をとらざるを得なくなってしまいますが、これにはデメリットも多いためお勧めはできません。近年では裁判にまでもつれ込んでしまったが、裁判の途中で和解をする和解離婚も多くなってきています。では、和解離婚とはどのようなものなのでしょうか。

離婚時に双方の意見がなかなか噛み合わず、裁判にまでもつれ込んでしまうこともしばしばあります。裁判離婚は協議離婚と比べ、時間と費用だけがいたずらにかかってしまうケースが多く、また当事者の長期化するにつれ、当事者の精神的な負担も大きくしてしまいます。裁判を続けてしまうと、双方にリスクが生じてしまい、これ以上裁判を続けても無益だと判断されることもあるようです。そう判断された場合には、裁判所から和解案が提示され、再度、裁判官が間に入った当事者間の和解案に対する協議が始まります。この和解案に二人が合意し、離婚すること、これを和解離婚と呼んでいます。和解離婚のメリットは、裁判を長引かせないという点にあります。両者が消耗していき、裁判の勝敗に関わらず両者が共に損をする結果を招く恐れがある場合には、裁判所が提示した和解案に従うのが無難だと言えるのです。

和解離婚が成立した際には、和解調書に両者の決めごとが記載されます。和解調書には裁判の判決と同じ効力が付されているので、強制力もあります。もしも調書に記載されている決めごとを守らなかった場合には裁判所から注意をしてもらうことも可能ですし、養育費に関して言えば、相手の給料の半分までを強制的に差し押さえてもらうことも可能です。そのため、この調書まで辿り着ければ安心しても良いと言えるでしょう。

裁判の途中で和解をすることを自分の意見を曲げてしまったと捉える人もいるかもしれませんが、これは両者の歩み寄りであり、自身を守るためには必要な措置であるのです。無益なことはやめて、離婚により少しでも自分にメリットがあるように取り計らうことは必要ですので、冷静に考えなければなりません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play