• このエントリーをはてなブックマークに追加

性格の不一致について

性格の不一致は、離婚原因の中でも比較的多く挙げられるものの一つです。同じ屋根の下で長い時間を共有する形となるため、考え方が合わない相手同士では、こうしたすれ違いが生まれやすくなります。防止法としては、お互いの価値観が一緒でなければならないと言った、概念に縛られ過ぎないようにしておくことが効果的です。そもそも、いち個人同士、そしてお互い異性であると言う間柄状、性格は異なって当たり前です。そうした面も踏まえて、パートナーに好意を感じられると、無理のない良好な関係に繋げることができます。

特に性格の不一致ですれ違いが起きやすいパターンとしては、交際期間が短いうちに結婚へ至るケースが挙げられます。パートナーの見定めを疎かにして、短期間で決断してしまうと、いざ家庭生活を送りはじめた際に把握していなかった性格面が垣間見え、距離を作ることに繋がってしまいかねません。離婚の心配が少ない、安心感のある夫婦関係を築くにおいては、勢いだけでなく、将来も見据えた冷静な見極めも重要となるのです。

次に、今現在性格の不一致によって、離婚の危機に立たされている場合です。夫婦関係に限らず、長く一緒にいる相手は、ほんの些細な気に入らない面であっても、何かと不快に見えてしまいがちです。しかし冒頭にも挙げたように、別々の人間である以上、性格面に違いが生じるのは当たり前です。パートナーのマイナス点を意識する以上に、それすらも受け入れられる、豊かな心の形成を心掛けて下さい。合わないからと言って嫌悪するのではなく、いち個性として、尊重するのです。

具体的な対策としては、二人で熱中できる趣味を作ることが効果的です。スポーツや作品作り、また子育てをその対象にしても良いでしょう。お互いに合わない部分があっても、そこに意識を高めている瞬間だけは、協力し、支え合える間柄となります。すれ違いの日々においても、そうしたコミュニケーションの時間を定期的に作ることで、離婚と言う最悪の事態を遠ざけられます。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play