• このエントリーをはてなブックマークに追加

金銭問題について

どんなにパートナーへの嫌悪感があったとしても、金銭問題に関する話し合いや準備は、離婚前にしっかりしておくべきです。特に専業主婦などの場合は、別れた後も家庭と同じ水準で生活することは難しくなります。新たにパートや就職を考えていたとしても、すぐに見つけられるとは限りません。親権を持ち、子育て面も考慮しなければならない場合はなおさらです。慰謝料財産分与に関する正しい知識を得て、より快適な生活に繋げて下さい。

例えば、相手に非が場合請求できる、慰謝料についてです。仮にも夫婦として連れ添った相手であるため、人によっては同情心が芽生え、これに関してはあまり好ましく思えないかもしれません。しかし、上述の通り離婚後の生活で充分な収入を得ることは、容易ではありません。幸せな第二の人生を送るためにも、取れるだけ取っておくべきです。結婚年数やパートナーの収入にもよりますが、相場としては約50万から400万円と言った金額が一般的です。

次に財産分与についてです。こちらに関しては、夫婦で築き上げた共有財産の約二分の一を、夫婦共に得られる権利が伴うため、自分に非があるケースでも請求できます。基本的には話し合いで決めますが、協議に相手が応じてくれない場合や、分け方に納得がいかない際などは、家庭裁判所に対して処分を要求することができます。注意点としては、離婚から二年が経過すると、条件がこの限りではなくなってしまう点です。

その他、多額の借金を抱えてしまい、夫婦生活の継続が困難になるケースや、ギャンブル等による浪費グセなども、離婚に関連した金銭問題に挙げられます。これらの場合においても、慰謝料請求に活かせる離婚原因として認められるため、請求時に役立つ確たる証拠を、あらかじめ準備しておくべきです。とにかく、金銭問題において、納得のいく解決ができていないまま別れてしまうと、充実感のある次の生活に不安が生じる形となります。いかなる場合においても、毅然とした態度で臨むようにしましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play