• このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセリングについて

離婚カウンセラーは夫婦関係に関する相談に乗ってくれ、関係の改善や離婚に関するアドバイスをしてくれる夫婦関係専門のカウンセリング業です。配偶者の浮気DV、夫婦生活、金銭問題など離婚の危機に関する悩み、離婚時に発生する慰謝料、財産問題、子供の親権、そして婚姻関係の改善など離婚だけではなく、広い意味でも夫婦の問題に取り組んでいます。離婚カウンセラーといっても、離婚を推奨したり、離婚する時のアドバイスをしたりするといったものではなく、離婚の不安に怯えている人のアドバイザーも兼ねています。

離婚カウンセラーの役割は、多様化した家族関係、夫婦のあり方によって起こるさまざまな問題をひも解き、その夫婦にとって一番良い道を選ぶための道しるべのようなものです。一時の迷いや喧嘩の勢いなどで離婚を切り出したり、切り出されたりして、そこを訪れる人も少なくありません。一般の心理カウンセラーや弁護士、行政書士も、離婚に悩む人々の訪問が多々ありますが、専門分野はそれぞれ違っています。カウンセラーは夫婦関係に特化しているわけではありませんし、弁護士などは手続きや書類作成には実績や技術を発揮しますが、心の領域や男女関係の調整は行いません。その点、離婚カウンセラーは夫婦関係の調整やそれにまつわる提案、さらに離婚時のシミュレーションなど離婚、そして夫婦関係にターゲットを絞った専門性を発揮してくれます。現代社会の複雑化した人間関係や夫婦間の深い闇に一筋の光を求める人でその門をたたく人は後を絶ちません。

カウンセリングには夫婦2人で訪れる場合とどちらか一方のみがこっそりと訪れる場合があります。ことによっては相談者一人で来るように指示を出す場合もあります。それほど、夫婦、男女の問題というのは繊細な対応を求められることが多く、対応一つ間違えたことによって修復や今後の生活に支障をきたす恐れのある問題だと言えるでしょう。お互いの方針がふたりの間で決まっている場合や、どちらも頑なになっていない場合には二人揃っての相談が可能となります。これは互いの主張や取り決めの調整をする時などです。専門家の意見に沿って今後の動きを決め、問題点を解決していきます。

カウンセリングは心理の分野と法律や財産、年金のことなど多岐にわたり、カウンセラーの能力や知識は広いものです。率直に信頼できる人に打ち明けることによって道が開けるということは少なくありませんし、離婚カウンセラーの助言によって大きく改善したという事例もあるため、迷ったり一人で悩んだりする前に相談する勇気を持つことは今後の人生を決める岐路において必要なことと言えます。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play