• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚調停について

離婚調停は、夫婦間における協議で理想とする結果が得られなかった際、もしくは相手が応じないケースなどに、家庭裁判所の調停員を挟んで行う方法です。公的な第三者が話し合いを取り持つ形となるため、感情にとらわれず、スムーズな離婚への進展に期待を持つことができます。しかし、この離婚調停で負けてしまうと、さまざまなデメリットが伴うので、臨むに当たっての準備は抜かりのないよう進めておくべきです。また、それでも成立しない場合には、裁判離婚を用いる形となります。

まず、離婚調停の特長ですが、夫婦のどちらかの申請により成立します。そのため、応じてくれないパートナーがその場にいなくても、自身のみで法的に進めることが可能となります。その際必要となるのが、申立書です。各自治体の家庭裁判所に置かれている他、近年ではウェブによるダウンロードでも入手できます。記入が完了すれば、裁判所に提出し、呼び出し状の到着を待ちます。これによって、調停の日時を確認し、気持ちの準備などを行いましょう。日程は、希望することができません。

次に、当日へ向けて、話し合いに用いる離婚理由や関連した証拠等をあらかじめ調べ、メモなどに書き留めておきましょう。調停での発言は自由であるため、双方の納得に繋がる幅広い要素を準備することができます。また、その際相手と顔を合わせる必要がありません。そのため、面と向かって言いにくいことなども盛り込むことができます。どうしても不安な場合には、弁護士に法律相談を依頼すると、より安心感が持てます。

たかが話し合いと言っても、万が一負けてしまった際には、慰謝料財産分与親権養育費が得られないケースにも繋がりかねません。また逆に、多額の金銭を払わなければならない立場に置かれる場合も、充分に考えられます。そのため、こうした充分過ぎる程の準備が重要となるのです。また、調停に回数制限はないので、納得がいくまで何度でも利用することができます。妥協のない理想的な結果に繋がるよう、活用してください。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play