• このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚回避について

離婚の回避は、一度離れた男女の気持ちを再び近づけなければならないため、容易にはいきません。また、その状況は家庭によって大きく異なります。原因や特徴に合わせて、適切な対策を検討することが重要となります。中でも難しいケースとなるのが、夫婦以外の第三者が関係している場合です。双方いずれかの浮気や、また姑問題などが関連していると、自分たちだけでは解決できず、複雑さが増します。より慎重かつ冷静な方法で臨むべきです。

まず基本となるのが、喧嘩の原因・メカニズムをしっかり把握することです。気持ちの離れた原因を解消すれば、離婚を未然に防ぐための基盤が作れます。逆にこの点を疎かにしてしまっては、感情のままにぶつかり合い続け、離婚回避はより成功しにくくなります。理想としては、一度夫婦が向き合って、冷静に状況を見つめ直す方法が挙げられます。すれ違いに至った経緯を、一つ一つ話し合うことで、効果的な解決法や、お互い相手に何を望んでいるかなどが理解できます。譲り合う面は譲り合い、主張する箇所はしっかり伝え、双方の不満を緩和しましょう。

次に、コミュニケーションです。離婚危機に至る理由としては、さまざまなケースが考えられますが、多くの場合あてはまるのが、会話やスキンシップが希薄になっている点です。お互いが常に気持ちを伝え合い、愛情を共有していれば、距離が生じることはありません。相手に対する不満は、双方が抱えているかもしれませんが、離婚回避を望む側が、少しだけプライドを捨てて、近付いて下さい。円満な関係にあった時の気持ちや、居心地の良さを再確認することに期待が持てます。

とにかく、怒りや不満による昂った感情を抑え、冷静に状況を見つめ直すことが肝心です。一度ヒートアップしてしまうと、素直に気持ちが伝えにくくなります。回避したい想いをしっかり伝え、お互いが修復の意識を抱くことで、もとの円満な関係に繋げることができます。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play