• このエントリーをはてなブックマークに追加

円満調停について

夫婦関係に何らかの問題があり、破綻しそうになったときに、裁判所の調停で話し合いの場を改めて作ることが出来ます。これを夫婦関係調整調停と言い、円満調停等とも呼ばれています。夫婦関係調整調停(円満)は、他の調停と同様に申し立て時の印紙代や切手代が数千円掛かる程度でできる上に弁護士をたてる必要もあまりないため、費用を心配せずに出来ます。しかし、あくまで話し合いの場を作るに過ぎず、根本的な解決となるかどうかはその夫婦の持つ問題の質によるかもしれません。

円満調停は夫婦関係を修復する目的で申し立てるものですが、調停ではその夫婦に指示をしたり調停委員が物事を決めたりするわけではありません。そのため、相手方が話し合いを拒否したり、歩みよる姿勢が全くなければ、不成立となったりします。相手が裁判所に抵抗のある人の場合、二人の関係が更に良くない方向に進む可能性もあり、前もって調停のことを話しておく、了承を取り付けるなど工夫が必要です。話し合いができるのであれば、夫婦関係を揺るがしている問題点を調整します。夫婦を別々に部屋に呼んで一人ずつ話を聞き、歩み寄れるポイントを探したり、円満に家庭生活を送れるルールなどがあるか検討したりします。主に親族との付き合い方や金銭面に原因がある場合にはルールを明文化することで解決に導ける可能性も高いかも知れません。また、場合によってはそのまま離婚調停になることもあります。

円満調停では、相手方から離婚調停を申し立てることや、反対に離婚調停で円満調停を申し立てられることもあります。これは駆け引きとして使われることもあり、有利に離婚を進めるためにわざと修復の意思を見せることに使われることもあります。

夫婦はプライベートな関係ですが、第三者が入ることで冷静に話し合いができるようになったり、調停委員の助言によって新しい考え方ができるようになったりする可能性もあります。壊れかけた夫婦関係を一歩前へ進めるために、まずは試してみるのも良いかも知れません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play