• このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁について

離婚した夫婦や別れてしまった家族が元の関係を取り戻し、復縁することは多くの困難を伴いますが、実際に世間では多いケースですから、現在それを望んでいる人たちもその希望を叶えるために前進することを決して諦めてはいけません。離婚を回避し続け、婚姻関係の修復で元の仲の良い関係を回復できることが何よりではありますが、それが叶わなかった場合でも、一度離れてから関係を再構築することで新しい関係づくりと互いの必要性の再確認できることもあるのです。

復縁とは離婚によって離れた夫婦や子どもなどが再度元の関係に戻ることを言いましたが、最近では恋人同士が別れたのち元の鞘に戻ることにも使われています。婚姻関係のあるなしにかかわらず、復縁するには一度壊れてしまった信頼関係や愛情の再構築が不可欠です。そのためにはまず、離婚に至った原因を明らかにすることを忘れてはいけません。感情の赴くままに相手に修復を求めても、離婚原因が解消されていなければ、修復後もまた関係の悪化の可能性がありますし、それ以前に相手の感情をさらに頑なにしてしまうことも考えられます。冷却期間を置きつつ、離婚原因の解消、改善に努め、信頼関係の回復のタイミングを待ちます。

もともと夫婦であった者同士の復縁再婚の場合には、新しいパートナーとの再婚とは違うルールがいくつか存在しています。その一つが女性の再婚禁止期間です。女性には通常であれば、離婚から6ヶ月経たないと再婚してはいけないという再婚禁止期間があります。これは女性の妊娠の可能性に関係している問題で世間でも賛否両論ありますが、離婚後生まれた子どもの父親を巡るトラブルを避けるために設けられたものです。法律では、離婚成立から300日以内に生まれた子は前夫の、再婚から200日後に生まれた子は再婚した夫の子どもとされます。しかし、再婚相手が前夫であれば父親と推定される者が一人のため、問題にはならないためです。また、子どものいる夫婦の復縁の場合、夫婦の子どもが母方の戸籍に入っていても養子縁組を新たに行う必要もありません。また前述の離婚後生まれた子どもを夫が認知している場合などにも、非嫡出子から嫡出子に変わります。

一生のうちには山も他にもあるでしょう。愛する人との婚姻関係の破綻はその中でも大きな苦しみを伴います。家族となり、協力してきた大切な人を失うことは大変つらいことで、取り乱すこともあるでしょう。しかし、そもそもはじめは他人であった者同士であることを頭に置き、冷静さと誠意を持った行動で関係の再構築を試みるべきです。復縁の可能性は誰もが持っています。それを活かせるかどうかが最大の鍵なのです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play