• このエントリーをはてなブックマークに追加

慰謝料について

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金全般のことを指します。暴行などにより受ける肉体的苦痛の他、所有物の破損や損失など、財産損害に関するもの、そして悲嘆・羞恥によるケースなど、あらゆる不法行為から被る精神に関連した苦痛を対象とし、認められます。相場は事案によって異なりますが、離婚の場合は、約50万から400万円の範囲が一般的です。その他、当事者の収入が豊富である場合や、法を介さない協議離婚で定める際においては、この限りではありません。

特に慰謝料の支払いがポイントとなる離婚としては、浮気不倫によるケースがあります。強い精神的なショックが生じ、関係性の破綻に直結しやすく、また多大な嫌悪感にも繋がるためです。そうした状況は法的にも考慮されており、他の慰謝料が請求できるケース以上に、高額な支払いが認められやすくなります。この際、不貞行為に関する明確な証拠を豊富に取り揃えておくと、より有利に裁判を進められます。中立の立場である裁判官が、第三者目線においてパートナーの非が把握できやすいほど、多額の判決に繋がるからです。

そうした有効な証拠の例としては、ラブホテルの領収書や、通話内容の録音物、また親密な関係を直接的に表す写真などがあります。逆に、浮気相手と利用したと考えられる、飲食店の領収書や通話履歴と言ったものは、事実が不明瞭となるため、あまり効力を発揮しません。より確実な方法としては、探偵などの調査機関を活用する方法が挙げられます。専門知識や特殊機器等を用いて、安全かつ的確に準備してくれます。

また、離婚時に慰謝料を請求する対象は、配偶者のみとは限りません。大事なパートナーと関係を持つことで精神的苦痛を被った、浮気相手へも訴えを起こせます。この際も同様に証拠が重要な存在となりますが、個人で面識のない相手をむやみに調査することは、逆に訴えられるケースにも繋がりかねないので、あまりおすすめできません。いずれにおいても、離婚後の生活に役立てられる収入の一つとなります。要所を押さえて、有利な裁判に臨みましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play