• このエントリーをはてなブックマークに追加
弁護士法人ATB

藤吉 修崇ふじよし のぶたか 弁護士

藤吉 修崇
  • 総合
    ランキング32
  • タメになった
    ランキング3
  • 回答数
    ランキング3
  • 閲覧数
    ランキング30
対応エリア:
東京都、山梨県

営業時間:月曜日~金曜日
9:30~17:00
離婚相談プロナビ』を見たとお伝えいただくとスムーズです。

  • 即日相談可
  • 無料相談可
  • 完全個室あり
  • 無料見積り可
  • メール相談可
  • 出張相談可
  • 電話会議可
  • 駐車場近く
  • 駅から近い

【無料相談実施中】離婚問題や男女間の問題全般を初回無料で相談を承っております!


弁護士法人ATBは東京と山梨の2か所ある法律事務所です。計3名の弁護士が在籍しており、一人ひとりの相談者に親身に対応。なるべく専門用語を使わず、わかりやすい説明を心がけています。

初回相談は無料(1時間以内)なので、お気軽にご相談ください。
 
離婚問題

離婚問題

弁護士法人ATBでは、離婚問題や男女間の問題全般を初回無料で相談を承っております。

女性の相談者については、女性弁護士をご指名いただくことも可能ですので、ご遠慮なくお申し付けください。

➡離婚制度について
法律上の離婚原因があるか否かにかかわりなく、夫婦が合意すれば、離婚することができます。
これを協議離婚と言います。

離婚の協議ができない場合でも、法律が規定する離婚事由があれば、婚姻相手に対し、裁判所に対して離婚の訴えを提起することができます(裁判上の離婚)。

しかし、裁判で請求するためにはまず調停という裁判所における手続きが必要になります。
調停においては、調停委員が間に入り、夫婦の話し合いの仲裁をしますが、必ずしも調停委員が適切な対処をしてくれるとは限りません。

なかには、明らかに間違ったことをいう調停委員もおり、相手の言い分をほとんど受け入れてしまう形で調停が終わってしまうというケースも少なくありません。

そこで、最初から弁護士を代理人として頼めば適切なサポートを受けられることができます。

また、その後の離婚の訴えを提起する場合にも、弁護士を付けずに行うのはその活動にも限界があるので、弁護士法人ATBの弁護士が代理人となって適切に訴訟活動を行います。

協議離婚調停離婚審判離婚裁判離婚の4つの離婚形態がありますが、いずれの場合であっても、後述するとおり、子どもやお金の問題がありま

➡離婚と子ども
夫婦が離婚する場合、その間に未成年者の子どもがいるときには、離婚後の親権者を定める必要があります。

離婚することに合意ができても、子どもの親権について争われることが少なくありません。

当事者がいずれも親権を求めた場合には、親権者を決める基準があり、それをもとに判断されることになります。

弁護士法人ATBの弁護士は、親権を取りたい場合には適切な主張を行いその可能性を高めるために尽力いたします。

また、仮に自分が親権者となった場合には、妥当な金額の養育費の取決めをしておく必要がありますが、その際においてもできるだけその金額が大きくなるように弁護士法人ATBの弁護士がサポートいたします。

また、夫婦の間で、一方が子供を連れ去って実家に帰ってしまうケースがあります。
その場合には、子供が相手方のもとにいる環境になれてしまう前に直ちに子供の引渡しを求めて裁判所に手続きを申し立てる必要があります。
その点、弁護士法人ATBの経験豊富な弁護士が迅速に対応いたします。

なお、子どもを監護養育していない親については、原則、相手方にいる子どもと面会交流をすることができます。

離婚後、子どもとの関係に何ら問題がないにもかかわらず、子どもに会わせてもらえていない場合には、弁護士法人ATBの弁護士が子供に会えるように適切な対処をいたします。

➡離婚とお金
離婚により、夫婦関係を解消する場合には適切に財産を分配する必要があります。

離婚するときに夫婦の財産をどのように分けるか決めておかなかったことにより、本来もらえるはずだった財産がもらえないことがあります。

特に相手方に財産分与を請求できるのは離婚後2年間と法律で定められているので、期間内に請求する必要があるのです。

住宅ローンが残っている場合、相手がいくら金額を持っているか判明しない場合、いつの間にか自分の貯金を相手が使い込んでいた場合なども弁護士法人ATBの弁護士にご相談くだされば、適切な対応をいたします。

また、婚姻中に相手方に不倫(浮気)された場合や肉体的・精神的DVを受けた場合には、相手方に慰謝料請求をすることが可能です。

相手が浮気をしていた場合や自分の不倫がばれてしまった場合、既婚者と不倫をして相手方の配偶者から訴えられた場合なども弁護士法人ATBの弁護士が相談に乗ります。


 
離婚問題・男女問題に関する相談を初回無料で相談を承ります

弁護士法人ATBでは、どんな法律相談でも初回は1時間無料で行っております。

弁護士法人ATBでは、お客様の悩みを解決できるように、お問い合わせがあってからできるだけ早く相談日を入れられるように対応しております。

皆様は、弁護士は相談に行くだけでいくらかかるかわからないイメージがあるかと思いますが、相談だけでは1円もかかりません。

また、具体的に弁護士が事件を受任する場合においては、あらかじめかかる費用を明示します。

お気軽にお問い合わせください!

専門家のプロフィール

氏名
藤吉 修崇
職種
弁護士
事務所
弁護士法人ATB
事務所住所
東京都 港区
新橋3-11-8
オーイズミ新橋第2ビル904
電話番号
03-6803-4320

専門家の基本情報

経歴
---------------
東京都出身
慶應義塾大学経済学部卒業
---------------

大学時代は勉強というよりも演劇にはまってしまう。
大学卒業後、警備員として住み込みアルバイトで費用を貯めて、昔から憧れていたスコットランドに留学。
スコットランドでは舞台芸術を学ぶ一方、スコットランドのダンスチームに所属し、アクロバットダンスに明け暮れる。
帰国後、舞台演出や空間プロデュースを手がけてきた。
また俳優としてテレビや舞台・映画にも出演したこともあるという異色のプロフィールの持ち主。
その経験の中で、クリエイターやアーティストの権利がしっかりと守られていないと感じ、弁護士になって彼らの権利保護に努めようと決意。
30歳を超えてから慣れない勉強を開始。
当初は六法に何があるかもわからない状態だったが、山梨学院大学法科大学院で猛勉強の末、司法試験に合格。

現在税理士業務も行っており、企業を法律と会計両面からサポートする弁護士である。
また、大学でも教鞭を執り、そのわかりやすい説明には定評がある。現在、「日本プロ野球認定代理人」でもある。
対応可能な
相談内容
慰謝料, 親権・監護権, 養育費, 面会交流権, 財産分与, 協議離婚, 調停離婚, 審判離婚, 裁判離婚, 熟年離婚
メッセージ

離婚問題・男女問題に関する相談を初回無料で相談を承りますのでご気軽にお電話ください。

料金の目安

任意交渉

着手金 10万円~
報酬は事案に応じて説明

調停

着手金 30万円~
報酬は事案に応じて説明

子の引渡し

着手金 20万円~
報酬  20万円~

注意事項

※実費は別途初回にかかります。
※裁判所の場所によっては別途日当がかかります。
※出張を伴う場合は別途日当がかかります。
※全て税別料金です。

所属事務所情報

事務所
弁護士法人ATB
住所
東京都港区新橋3-11-8オーイズミ新橋第2ビル904
電話番号
03-6803-4320
公式サイト
http://yfuyolaw.jp/
営業時間
月曜日~金曜日

9:30~17:00
アクセス
新橋駅から徒歩3分
アクセスマップ
大きな地図で見る

回答した悩み相談一覧

まだ回答はありません

会員優待

専門家によっては会員様限定の優待をご用意している場合がございます。優待を確認するにはログイン/新規登録が必要となります。

会員限定優待

ログイン / 無料会員登録
してください