• このエントリーをはてなブックマークに追加
司法書士なかの法律事務所

中野 進一なかの しんいち 司法書士

中野 進一
  • 総合
    ランキング2
  • タメになった
    ランキング1
  • 回答数
    ランキング2
  • 閲覧数
    ランキング33
対応エリア:
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

営業時間:平日9:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外も喜んで対応します。 / 土日祝は休み ※土日祝日でも電話対応できます。事前にご予約いただければ土日祝日の面談も喜んで対応します。
離婚相談プロナビ』を見たとお伝えいただくとスムーズです。

  • 即日相談可
  • 無料相談可
  • 土日祝日可
  • 24時間受付
  • 平日19時以降可
  • 無料見積り可
  • メール相談可
  • 経歴10年以上
  • 分割払可
  • 着手金無料あり
  • 後払い可
  • 電話会議可
  • 駐車場近く
  • 駅から近い

司法書士も離婚のお手伝いできるのご存知ですか?(相談無料!お気軽にご相談ください)

離婚問題の相談先

 離婚について考えている方は、インターネットでどこで相談するか専門家の検索をしますよね。
内容的にも知り合いには相談しにくいと思っている方もいらっしゃいます。

ここ(
離婚相談プロナビQ&A悩み相談に相談していただければ回答できるものについては回答していきます。
でも、回答しにくい質問が多いです。
首都圏の方は、直接ご相談ください。
その方が早いと思います。

インターネットを検索すると、、、

・「離婚専門」を謳う行政書士事務所がたくさん出てきます。行政書士って営業上手いですよね。

・もちろん弁護士事務所も多い。「離婚弁護士」なんてドラマもありました。弁護士はオールマイティです。

・残念ながら司法書士は比較的少なめ、、、


これだけ情報が多いと、離婚問題について、どの専門家に相談すればよいのかわからない方もいらっしゃると思います。
弁護士さんに相談したいけど敷居が高いし料金も高そうだから行政書士にしようかな、とか思っていませんか?
そういう決め方はダメです!!

 私の独断で 弁護士 vs 行政書士 vs 司法書士 で比較してみます。

 

弁護士にしかできないこと

 (1)あなたの代理人として相手方と交渉すること

(2)離婚調停の期日に同席すること

(3)離婚訴訟であなたの代理人として訴訟活動をすること

 もし、離婚案件で相手方と交渉を行っている司法書士や行政書士がいたら弁護士法違反です。

 

司法書士行政書士が依頼を受けれないのは、このようなケースです

(1)そもそも離婚することに二人の合意がない場合

(2)離婚の合意はあるけれど、親権や慰謝料・養育費、財産分与などその他の事項で合意がない場合

 これらの場合、交渉したり裁判をして争っていかなければなりません。弁護士さんを探してください。
弁護士さんが依頼を受ける場合、どちらかの代理人になります。双方の代理人には決してなってくれません。対立構造になります。
司法書士や行政書士は、そもそもどちらの代理人にもなれません。だから双方の話を聞いて書類にまとめることができます。

 

 司法書士依頼するのはどのような場合か

(1)離婚という同じゴールを共有できている

(2)子供がいる場合、どちらを親権者にするか決まっている

(3)養育費や慰謝料、財産分与はいくらにするか等お金の問題がおおよそ決まっている
     又は
   お金のことはまだ決まってないけど
客観的な相場みたいなものがわかれば自分たちで決めたい
   
弁護士を立てて奪い合うようなことはしたくない

この全てを満たす方は、ご相談ください。
司法書士でもお二人の離婚に向かってお手伝いできます。



相談者のケースに応じて養育費や財産分与等お金の問題についての一般的なことは説明しますので、お二人でどのように分けるか決めてください。

お互いが弁護士を立てて
裁判で証拠を出し合って法律に基づいて計算すれば慰謝料や財産分与等について合理的な解決ができるのかもしれません。
でも、証拠がない場合は認められないわけで、今まで夫婦だった二人が離婚のために全ての証拠を残すような生活をしてることは少ないでしょうし、そうなるとその計算に穴は出ますよ!!
そうであるならば、
お互いが多少の不合理を受け入れる余裕があるなら、二人の最後の作業として恨みもない後腐れもない未来に向かった離婚にしませんか
離婚の内容について法的な不満があるわけではないが、離婚をする二人でやりとりすると、どうしても「
すれ違い」が原因でうまく着地できない、、、そんなことってあると思うんです。

後々、離婚で弁護士をまで立てて争ったというキズを胸の中に残したくない、、、
後々、婚活したときに、「どうして別れたの?」って別れの原因訊かれること多いみたいです。「弁護士入れて大変だったんです」と正直に話せばせっかくの新しい出会いもそこまでになってしまうかも…。余計なことは言う必要ないですが、闘った日々を思い出すと思います。

離婚という同じゴールを共有できていても、
外観として二人の間にすれ違いだけがあって、決して法律的な衝突もなければ紛争事案でもない場合って結構多いと思います。
このようなすれ違いを、法的な問題として無理やり裁判で決着をつけようとする弁護士もいます。
さらに不幸になります。

理想かもしれませんが、
愛し合って一緒になった二人です。
別れるときもできるだけきれいに終わればいい、、、と切に願って仕事をしています。
そして、すっきりした気持ちで新しい生活を始めてください。
勝つことも負けることもありません。


離婚の目的は、夫婦だった二人がそれぞれ離婚後の人生を歩き出すことだと思っています
相手から財産を取ることと思う方は、弁護士さんを探してください。
それが悪いことだとは思っておりません。そこに至る原因からすればそれが正しい場合もあると思います。

 

離婚について司法書士に依頼できること

(1)離婚協議書の作成

書類を作る段階で、自分にとってどのように有利な条項なのか、どのように不利な条項なのか説明を受け認識することができます。もし、不利な条項でどうしても飲めないなら、この段階であれば相手と再交渉もできるでしょう(その交渉には司法書士は関わりません)。
ですから、
不利な条項を勝手に入れられることを防いだり、取り決めるべき内容に漏れがあったりして後々トラブルになることを防ぐことができるでしょう。

(2)
財産分与の登記申請

不動産を所有している方が財産分与登記を依頼する場合です。
登記は司法書士の専門分野ですので、安心して依頼してください。
登記申請をするには、相手方の
印鑑証明書(3か月以内)や登記済権利証(登記識別情報通知)が必要です。
印鑑証明書が有効期間を過ぎてしまった場合は、相手にまた取り直してもらわなければなりません。離婚相手に後日お願いするのって難しいんじゃないかなぁと思います。
だから、
財産分与の登記申請は早めにやってください!!
離婚の流れで必ずやってください。相手から印鑑証明書だけ受け取って放置はダメです。
後々、財産分与について言った言ってないと争うのを防ぐためにも、
早めに登記をしましょう。

(3)調停書類の作成

司法書士は、裁判所提出書類の作成はできます。
離婚調停になる可能性があるのなら、司法書士に相談してみるのも1つの手です。
しかし、司法書士は調停に同席できないため、調停の状況を完全に把握できるわけではありません。争いになるなら調停に出席できる弁護士に依頼するほうが安心感はあります。
当事者同士2人で離婚について話し合うのは難しいけど、争うこともなかったり少ないのであれば、調停は裁判所に間に入ってらえる制度なので、自分達で調停の申立てをやってもいいかもしれません。

 

費用について

弁護士さんの着手金や報酬金は、平成16年4月に廃止された旧日本弁護士連合会報酬等基準で次のようになっています。

離婚事件の調停事件、交渉事件について着手金・報酬金が「 それぞれ20万円から50万円の範囲内の額 」
離婚事件の訴訟事件について着手金・報酬金が「 それぞれ30万円から60万円の範囲内 」

今でもそれくらいでやってる弁護士さんが多いのではないでしょうか。
離婚交渉だけでも着手金で20万円~で、成功報酬でまた同じくらいかかりますので、安くても総額で40~50万円くらいになるわけです。
片方が弁護士を付ければ、相手も負けじと付けます。弁護士費用も夫側、妻側の双方でかかってくるのです。
財産分与や慰謝料の請求をすれば、離婚交渉とは別に取れた財産の額に応じて10%程度の報酬がかかってきます。
これが高いと言っているわけではありません。争いのある複雑な離婚案件であれば何回も裁判所に出頭しなければなりませんし、書類もたくさん作成しなければなりません。
(さらに不動産があれば、財産分与登記については別途司法書士に依頼することになります。)

揉めていない離婚であれば、弁護士さんに依頼する必要はありますか?
結婚決めたのは二人なんだから、できることなら離婚のときも二人で決めればいいのではないでしょうか。
離婚について固まった二人の気持ちを協議書という書類にきちんとまとめる作業が重要です。
世の中、最後は書類なんです!書類がモノを言うんです。口約束はダメです。
それと、不動産があればきっちり登記をして名義を変更する。
全部司法書士の仕事です。
なかの法務事務所なら協議書だけなら5~10万円くらい、協議書作成と登記申請をしても10~20万円(登記をする場合、別途登録免許税はかかります)くらいかかります。
複雑な内容だと書類作成に時間がかかりますので少し高くなります。
そういったことも相談にのらないとわかりませんので、お気軽に相談してください。相談は無料です。

ちなみに行政書士は、、、
離婚協議書の作成しかできません。
司法書士と同じくらいの離婚協議書の作成費用がかかります。
(不動産がある場合、行政書士は登記申請はできませんので別途司法書士に依頼することになります。)

なかの法務事務所での離婚業務について

なかの法務事務所では、離婚専門のサイトは持っておりません。
離婚についてのサイトはここだけです。

なかの事務所は、私、中野進一が若かりし頃金融会社で働いていたこともあり「債権回収」を専門でやっております。
離婚に関することで言えば、養育費の請求の相談も多いです。
それについては、関連の「借金プロナビ」を見てみてください。「借金プロナビ」で検索していただければ出てくると思います。

それと、私、中野進一が司法書士を目指すきっかけである相続業務が専門です。
相続の生前対策にはとても力を入れております。
家族信託については、東京でナンバーワンの質を目指しております。

しかし、債権回収業務や相続業務をやっている中で、意外と離婚業務とかかわることが多くなりました。
年齢も40半ばになり、周りでも離婚を考えてる友人が増えてきたというのもあります。

素敵な離婚ってのはないかもしれませんが、中野に相談してよかったと思えるような仕事をしていきますので、お気軽にご相談ください。

専門家のプロフィール

氏名
中野 進一
性別
男性
生年月日
1973年02月05日
職種
司法書士
所属
東京司法書士会
会員番号3777番
事務所
司法書士なかの法律事務所
事務所住所
東京都 千代田区
飯田橋3-1-6
越前屋ビル2F
電話番号
03-6272-4260

専門家の基本情報

経歴
2004年開業
司法書士会常設相談員
法テラス相談員
法テラス審査員
対応可能な
相談内容
慰謝料, 親権・監護権, 養育費, 面会交流権, 財産分与, 協議離婚, 調停離婚, 審判離婚, 裁判離婚, 熟年離婚
取扱分野
・離婚協議書に二人の気持ちをまとめます。 ・不動産がある場合、財産分与の登記申請をします。 ・離婚調停申立てのお手伝いもできますが、調停が必要な離婚は弁護士さんに依頼してください。どうしてもという場合は、力になります。
得意分野
司法書士は代理人になって相手と交渉することはできません。ケンカの代理人弁護士に任せるのではなく、二人で手作りの離婚にすることをお手伝いします。新しい幸せに向かって、恨みもなく後腐れもなく、二人が納得した離婚に、、、
メッセージ

夫婦だった二人がそれぞれ離婚後の人生を幸せを見つけて歩き出すことを願っています。

料金の目安

離婚協議書の作成

50000円~

財産分与による登記申請

60000円~(別途登録免許税がかかります)

所属事務所情報

事務所
司法書士なかの法律事務所
住所
東京都千代田区飯田橋3-1-6越前屋ビル2F
電話番号
03-6272-4260
営業時間
平日9:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外も喜んで対応します。 / 土日祝は休み ※土日祝日でも電話対応できます。事前にご予約いただければ土日祝日の面談も喜んで対応します。
アクセス
JR飯田橋駅、有楽町線、南北線、都営大江戸線から徒歩約2~3分 東西線から徒歩1分
アクセスマップ
大きな地図で見る
その他
土日祝日や緊急の場合は、ケイタイにご連絡ください。090-5413-3324

会員優待

専門家によっては会員様限定の優待をご用意している場合がございます。優待を確認するにはログイン/新規登録が必要となります。

会員限定優待

ログイン / 無料会員登録
してください